もみあげや襟足は難しい

自己処理をするとき顔のパーツでももみあげや襟足は難しいものです。このようなパーツは自己処理するときにどこまで剃ればいいのか分かりづらくシェービングしていくうちに左右のバランスが悪くなり、剃り進めてかえっておかしくなってしまいます。

エステや脱毛専門サロンでの光脱毛なら左右のバランスが良く整えられキレイになります。しかしエステやクリニックでできる光脱毛をするときには気を付けなければいけない注意点がいくつかあります。施術前に行われるカウンセリング時は、理想の襟足を作るため理想とするラインを把握しておかなければいけません。

理想とするラインをしっかりと把握しておけばカウンセリング時に、スタッフとイメージを共有することができます。光脱毛を受けた後、自分がイメージした理想的なラインができます。施術前の注意点は髪の長い部分から2センチほど産毛を残しておくことです。2センチほど産毛を残しておけば光脱毛を受けた時きれいにムダ毛を処理することができます。また産毛を残しておくことで自然な感じになります。施術後はしっかりとしたケアが必要です。

このような部分は顔のパーツと同じように肌が弱い部位でもあります。施術後は乾燥した状態になっており肌が施術前よりも弱くなっています。施術後エステやサロンで保湿クリームを塗りケアしますが、自宅で刺激をあたえないため掻きすぎないようきをつけ顔用の保湿クリームでしっかりとケアをしましょう。