光脱毛は、レーザー脱毛よりも機器の出力が劣る

エステサロンの光脱毛は、レーザー脱毛よりも機器の出力が劣るために効果が実感できないという人が多くなります。脱毛を失敗と感じる人の多くは、光脱毛に関して詳しい知識を持たないケースが多くなります。光脱毛は効果が高いと言われるレーザー脱毛と脱毛を実現する仕組みは同じですが、機器の特性や出力の強さの違いによって脱毛効果には大きな差がでてしまいます。光脱毛では医師でなくても施術ができる安全性を確保しているため、その分だけ出力が落とされているのです。

ですから、エステサロンで脱毛を行う際には、脱毛機器の特性についてしっかりと把握することが注意点となるのです。脱毛の仕組みや機器の特性以外の注意点では、脱毛を効率よく進めるための知識を持つ必要があります。脱毛は毛を発育させる毛母細胞を破壊することで、毛が再生しない状態を作る方法が採用されています。光脱毛では光がムダ毛に反応することで脱毛を行いますので、毛が無い状態では全く効果を発揮することができないのです。施術は毛周期に合わせて一定の期間を空けて行われますので、施術時に毛が発育するための毛母細胞がなければ脱毛ができないのです。

ですから自己処理によって毛を抜いてしまった場合や、毛周期がずれていることで毛母細胞がない状態での施術には全く効果を発揮できないのです。光脱毛ではこの他にも日焼けをしてはいけないという注意点がありますが、注意点を正しく理解し行動することで脱毛効果を高めることができるのです。